初心者向け解説!デリバティブの基本と仕組み

初心者向けデリバティブの基本と仕組みの解説サイト

>

リスクを回避する

投資額による

デリバティブ取引は、流動性の向上のせいで必要以上に相場の急騰や急落の要因の可能性があり、デメリットともいえます。
取引が複雑になってしまう状態があります。
デリバティブ取引は金融工学からできた商品で、理解が難しい金融商品でもあり、市場の透明性は疑問です。
デリバティブ取引は、高度で難解な内容の取引でしたが、インターネットで取引が簡単になりました。
証拠金制度によって自分の資金より多くの額を動かすことが可能なハイリスクハイリターン商品が、デリバティブ取引です。
デリバティブ取引にはリスクヘッジ効果があるといっても、投資額の小さい場合の投資の初心者などにとっては大きなメリットによるリスク回避とは一致しないでしょう。

投資損失額を限定できる

投資の初心者におすすめできるのは、投資の損失額を限定されたオプション取引があります。
株式投資の損失の拡大する時は、損切りが不可能であることなどが理由です。
たとえば、株式で100万円投資していた際、株価が95万円に下降し始めてもいつかはまた上昇すると持ち続けると、最終的に80万円に値が下がると、上昇するか下降するかは可能性はわかりません。

70万円分まで下降の場合は95万円から70万円を引き25万円の損失と購入の時の10万円で35万円の損失額になりますが、権利を行使しなければ損失は10万円で済みます。

このようにオプション取引は比較的初心者向けの投資となっています。
どこから始めるか検討中の方はぜひこちらから始めることをおすすめします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る