初心者向け解説!デリバティブの基本と仕組み

初心者向けデリバティブの基本と仕組みの解説サイト

ハイリスクハイリターン

従前から発展した金融商品の株式などや、債券からいろいろなやり方などや金融工学などからできた金融商品のことをデリバティブ取引といいます。 デリバティブ取引は、時価評価を原則とされて実行され、もし時価評価が最適でないなど判断された場合はヘッジ会計が適用されることになっています。

デリバティブ取引について

デリバティブ取引は、リスクを低下させる目的で、さらにハイリスクハイリターンの手法として開発されたものです。
金融商品には、株式や債権、外国為替などがありご承知のとおりです。
デリバティブ取引には、商品先物取引やスワップ取引やオプション取引などがあります。
商品先物取引は、将来に商品売買することを約束した取引です。
オプション取引は、将来に商品をある価格で売買する権利を売買する取引です。
そして組み合わせの取引も。
デリバティブ取引では、リスクを低下や限定させるものがあります。
先物取引は、金融商品を将来にわたって売買の予約をする取引で、通常においては予約日に金融商品の受け渡しをするのが普通で、先物取引は商品を受け渡すことにかわって反対取引をし、生じた差益を両者で受け渡します。
先物取引と、予約取引との相違点は、先物取引は証券取引所を相手としていることです。
証券取引所で購入の先物取引は、予約の商品や取引の上限を決められており、証拠金制度の導入があります。
証拠金制度は、証券取引所に一定の証拠金を差し入れての売買の制度です。
実際の資金を大きく上回る取引が可能なため、ハイリスクハイリターンで危険です。
例えば、AさんとBさんの取引で株式を1カ月後に1,000円で売買する予約をした時、その株式が1カ月後に1,200円の価値になり、Aさんは1,000円で購入することが可能であり、200円価値が上昇した分、市場で売却した時には200円の利益があります。

リスクを回避する

デリバティブ取引には、リスクヘッジできることと、市場の流動性が向上することでのメリットがあるそうです。 相場の下落リスクを回避したい時に、現物取引の株式の買いと、先物取引の売りの組み合わせもできます。 デリバティブ取引では、相場の環境に関係なく一定の流動性があります。

江戸時代の大坂から?

堂島米会所(どうじまこめかいしょ)は、江戸時代の享保15年(1730年9月)にお米の取引所として開設されたそうです。 江戸時代当時の大坂と呼ばれ日本すべての年貢米が集まる場所として、米会所でお米の所有権を表す米切手の売買がされて、正米取引の現物取引と、帳合米取引の先物取引が行われていたそうです。

TOPへ戻る